11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

目に見えないものを大切にする経営

2016年12月03日
ある化粧品メーカーのCSR担当者の講演を聞きました。

・財務情報×非財務情報(見えない価値)=企業価値
 目に見える数字と、さらにCSRやESG(環境、社会、企業統治)の掛け算が、
 持続可能な経営につながる
・原価、人件費、取引先、経常利益は目に見えるが、安心、ワークライフバランス、
 ダイバーシティ、サプライチェーン、納税、社会貢献などは目に見えない大切な要素
・原材料は絶滅の可能性があれば、他のものを原材料に使う努力をする
・ハンディキャップ関連に寄付
・女性管理職比率44%
・女性役員比率21% 等

目に見えないものを大切にし、10年後、20年後を見据えた経営をしている姿勢が
印象深いです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ダリ展

2016年11月28日
移動中、国立新美術館で開催されているダリ展に立ち寄りました。

「ラファエロ風の首をした自画像」「子ども、女への壮大の記念碑」「テトゥアンの大会戦」など、
約250点の作品が展示されています。

初期作品から晩年まで、その時々に影響を受けたものが絵に落とし込まれて、ダリの世界の
変遷が興味深いです。

腐敗や憂鬱、原爆がただ描かれているのではなく、謎に満ち溢れたものが組み合わさり、
ミステリアスで独自の世界があります。

つかの間でしたが、20世紀で最も有名な芸術家の一人であるダリにしかつくれない世界に
たっぷりひたれるひと時でした。

<出口付近のオブジェ>
IMG_1910.jpg
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ピカール

2016年11月27日
先日、日本初上陸したフランス発冷凍食品チェーン「ピカール」に立ち寄りました。

オープン直後ということもあり、野菜やピザ、デザート系等を買う女性で店内は
にぎわっていました。近隣と思われるビジネスマンも目立ちました。

私はピザとフルーツティラミスを試しに買いましたが、味は上場で、ケーキは
フォションのような本格的な専門店に遜色ないレベルだと感じました。

小規模店舗のため、出店スピードも加速できそう。価格設定も抑え目で、
イオンと組んでいるということもあり、日本での綿密なマーケティング調査を
経ての出店だと感じました。

フランスといえば、カルフールが思い出されますが、1号店の立地選定、
商品力の高さ、ターゲット等、各要素が押えられており、今後、都心部で
さらに支持を集める可能性がありそうです。
IMG_2002.jpg
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

キューピーブランド

2016年11月12日
「食の安全・安心企業ブランド調査」(日経BPコンサルティング調べ)2015年度の1位は
キューピーでした。

今日、キューピーの会長による講演を聞きました。

日本の卵の生産量の10%がキューピーによる使用、数にして42億個になるそうです。
現在は、白身はメレンゲやねり製品に使われ、とさかは、ヒアルロン酸として活用される等、
複数の事業を展開しています。

CMはブランディングとマーケティングに分けて投下されているというお話が印象に残りました。
野菜の抗酸化物質に関するCMや、アオハタの果物の新鮮さを打ち出すCM等、アウトプット
が控えめですが、イメージ広告として、しっかり機能しています。

「料理が主役、商品はお手伝い」と語られていましたが、品質や衛生といった押さえるべき点
を徹底しているからこそブランドとして長く支持されているのだと改めて感じました。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

耐震リフォーム

2016年10月29日
年間に数十件、耐震リフォームを施工しているY社さんに訪問。

10年ほど前、商圏内で訪問販売による悪質な耐震リフォームについて頻繁に
耳にするようになり、自社で対応すべきと判断したそうです。

スタッフ5名はすべて施工出身者で、うち3名は1級建築士。豊富な知識が
信頼の源泉になっています。

4月に熊本で震度7が2回、今回鳥取で震度6弱の地震が発生。地震発生の
間隔が短くなっていると指摘する専門家も。

安心・安全を買う時代になってきており、耐震に対応できないリフォーム会社
は淘汰される可能性もあります。耐震診断、耐震リフォームがスタンダードに
なり、戸建リノベーションの最重要な要素になりそうです。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »